絶滅の危機から復活した南部太ネギはこれからも進化を続けます。
品種改良をしておらず、過去に栽培していた人たちも少なくなり、手探りの栽培が続きます。
このため全体の4割ほどしか、どしっと太く、長いものは収穫できません。でも細くても、短くても、南部太ネギはおいしいんです。そのおいしさを伝えるべく、さまざまな商品開発に取り組んでいます。

Sponsored Link